初めてのことで不安ばかりのアンテナ修理!依頼前に知っておきたい知識を紹介

テレビが映らなくなったからといって必ずアンテナ修理が必要というわけではありません。
テレビはアンテナが受信した電波を電気信号として受け取り映像に変換します。
アンテナからテレビまでは同軸ケーブルと呼ばれる太いケーブルがつながっています。
断線すれば十分に信号を送ることができないので、映像が映りません。
このようにアンテナの故障だけが原因というわけではありません。
依頼前に切り分けができれば、不要な修理を依頼する必要がなくなります。

初めてのことで不安ばかりのアンテナ修理!依頼前に知っておきたい知識を紹介

アンテナ修理を依頼前には、まず何が原因かをある程度確認しておくことです。
場合によってはテレビが壊れている恐れもあります。
最近のテレビには受信レベルを確認する設定がついていますので、その数値が50以上あれば問題なく映るはずです。
それでも映像が出ないようならテレビが壊れている恐れが高くなます。
数値が低すぎるならアンテナの故障か断線の恐れが考えられます。
40を超えているようなら向きがずれてしまっただけかもしれません。
この切り分けによって本当に必要なのがアンテナ修理かどうかを切り分けることが可能です。

アンテナ修理には火災保険が適用できる

屋根の高い位置に設置をしているアンテナの場合、常に野ざらしの状態で設置をしているものなので、時には自然災害によって破損を起こしてしまう可能性はあります。
この場合、アンテナ修理会社に依頼をすることで設置場所による違いはあるものの、作業自体は数時間で終わります。
難しい作業ではありませんが、そもそも破損した原因が台風の被害や雪によるものであれば、火災保険を適用させることはできます。
加入をしている保険証書を確認すると、その中に風害や雪害が含まれている場合は適用範囲なのでアンテナ修理を専門会社に依頼する際には、最初に確認をすることは必須です。
修理を勝手に行い完了してしまうと風害や雪害を受けた証拠が無くなってしまいます。
破損した状態の写真撮影は必須になるので、アンテナ修理を行う専門会社選びはこの部分に精通している会社を利用することで全ての手続きを代行してもらえます。
この方法であれば、新しいアンテナにゼロ円で交換することができるので負担を感じずに完了させられます。

アンテナ修理はアンテナ工事業者選びから

アンテナ修理といえばやはり、アンテナ工事業者選びから始めることが大事ではないでしょうか。
アンテナ工事業者の選び方はいくつかありますが、基本となるのは知名度と評判で、具体的には地域で知られているかどうか、口コミや評価といった要素が比較検討の材料になります。
また複数のアンテナ工事業者に見積もりを出してもらい、対応の丁寧さやスピード、費用を総合的に比較して絞り込むのもポイントです。
まずは相場を確認して頭に入れておき、出してもらった見積もりを照らし合わせて妥当性を評価することが大切です。
相場より高いのも困りますが、逆に極端に安くてしかも理由が分からないのはもっと困ります。
理由が分かるなら不安はありませんが、尋ねないと分からなかったり尋ねてもはぐらかされるのはNGです。
アンテナ工事業者には透明性が求められますし、見積もりの内訳もそうですが、質問に対する姿勢もまた重要な判断材料になるので、業者選びは妥協しないことが肝心ではないでしょうか。

アンテナ修理はアンテナ工事業者によって費用が違う

テレビを使ってテレビ放送を見ることはできますが、実際に放送を見るにはテレビだけでなく放送を受信するアンテナが設置されてないと行けないです。
アンテナは基本的に屋根などの上の部分にありますから、台風などに影響されて故障するようなことは珍しくありません。
そのためテレビ放送の映りが悪くなったり、全く映らないような状態になった場合は基本的にはアンテナ工事業者に修理を依頼しないといけないです。
アンテナ修理はアンテナ工事業者に依頼することでスムーズに作業をしてくれますが、依頼をするアンテナ工事業者によって費用に違いがありますから、最初にホームページなどをチェックしておくのが大切になります。
大体の業者ですと料金設定などを分かりやすく記載していることが多いので、安心して依頼することができるようになれる筈です。
基本的にいきなり修理をするのではなく、最初に見積りを出してくれますから、その点は過度に不安を待たずに依頼をすることができます。

アンテナ修理でアンテナ取り付けまでの流れ

アンテナが原因で自宅のテレビが映らなくなった場合は、早めにプロに相談すると早い解決が可能です。
テレビが映らない原因はアンテナの種類によって異なるので、修理を依頼する前に確認します。
配線の接続が悪い場合や一時的な症状なら素人でも対処できますが、原因が不明な場合はプロに相談して対処してもらいます。
アンテナ取り付けを依頼する場合は、アンテナ取り付けの実績を踏まえて信頼できる専門会社を選択します。
電気工事士の資格を持っているスタッフの有無も事前に確認すると、安心して依頼できます。
アンテナ取り付けの流れは、最初に電話やメールで問い合わせて現地調査を行います。
調査後に見積もりを出してもらい、工事内容を確認して納得できれば契約を締結します。
位置を決めてアンテナを取付けたら垂直方向に固定し、配線が劣化している場合は新しい敗戦と交換して使います。
作業を終えたら正常に受診できるか確認し、受信の調節中に固定している金具が緩んだ場合は絞め直して終了します。

アンテナに関する情報サイト
アンテナ修理の基本

テレビが映らなくなったからといって必ずアンテナ修理が必要というわけではありません。テレビはアンテナが受信した電波を電気信号として受け取り映像に変換します。アンテナからテレビまでは同軸ケーブルと呼ばれる太いケーブルがつながっています。断線すれば十分に信号を送ることができないので、映像が映りません。このようにアンテナの故障だけが原因というわけではありません。依頼前に切り分けができれば、不要な修理を依頼する必要がなくなります。

Search